東京のレコードショップ BASE のオンライン・ショップ:レコードショップベース QRコード

CHUBBY AND THE GANG / THE MUTT'S NUTS (輸入盤CD)|商品紹介

SHOPPING CART HOME ORDER/INFO CONTAT US LINK
NEW RELEASE / NEW ARRIVAL NEW RELEASE USED SALE
ITEM DETAILS
CHUBBY AND THE GANG/THE MUTT'S NUTS (輸入盤CD) アーティスト CHUBBY AND THE GANG
タイトル THE MUTT'S NUTS (輸入盤CD)
US
レーベル PARTISAN  
フォーマット CD \2200(在庫なし SOLD OUT)
登録日 (2021/10/07)
  発売中!!
輸入盤CD!! W紙ジャケット仕様!!

デビュー・アルバムが高い評価を獲得したウェスト・ロンドンの5人組、チャビィ・アンド・ザ・ギャング!! 「UKパンクで最も重要な新しいバンド」と評される彼らが、パルチザン・レコード(アイドルズ、フォンテインズD.C.)より待望のセカンド・アルバムをリリース!!

'19年結成、ARMS RACE、VIOLENT REACTION、THE CHISELのChubby Charles率いるUK/ウエスト・ロンドン発のPUNK ROCK BAND "CHUBBY AND THE GANG"!! '21年作、待望の2ndアルバムをUS/PARTISAN Recordsよりリリース!! Vo/Charlie "Chubby Charles" Manning-Walker(ARMS RACE、VIOLENT REACTION、THE CHISEL etc.)、G/Ethan Stahl(GUTTER KNIFE etc.)、G/Tom "Razor" Hardwick(BIG CHEESE、VIOLENT REACTION、TRUE VISION etc.)、Dr/Joe McMahon(IMPOSTERS、STATE FUNERAL、VILE SPIRIT etc.)、B/Maegan Brooks Mills(BIG CHEESE、MERE MORTAL etc.)の強力な5人編成!! STATIC SHOCKからリリースされたデビューEP、1stアルバムで注目を浴び、NY/BROOKLYNのPARTISAN Recordsと契約!! (毛色がちょっと違いますが、ビッグなインディレーベルみたい。) 先行7インチシングルを経て、満を持して2ndアルバムリリース!! 世界中から注目を集める今最もホットな現行UKパンクバンド!! ハードコア畑で活躍するメンバーらが77 PUNK〜ROCK'N ROLL PUNK路線のシンプル&ピュア、ハイボルテージなパンクロックを展開!! 77 PUNK、HARD ROCK、50s/60s〜ビンテージロックをも飲み込みながらハードコアパンク上がりな骨太さでクールに決める極上キラー・ハードパンク&ロール!! バラエティーにも富んだ懐の深さも感じさせる極上なアルバム!! 四の五の言わずにシビレまくろうぜ!! 全15曲収録!!

〜インフォメーション〜
●ウェスト・ロンドンの5ピース、Chubby and the Ganは待望のセカンド・アルバム『The Mutt’s Nuts』をPartisan Records(IDLES、Fontaines D.C.)より8月27日にリリースする。アルバムはFucked UpのJonah Falcoのプロデュースで、Tom、Meg、Ethan、Joeの「Gang」をバックとした「Chubby」ことフロントマン、Charlieをフィーチャーする。Charlieは電気技師としてフルタイムで働きながらウェスト・ロンドンに住み、バンドの大半も貿易や職人の仕事をしている。結果、彼らの歌詞は意図的ではなく本質的に政治的なものとなっている。曲のインスピレーションは複雑ではあるが、サウンドは単純明快でアクセスしやすい。50年代のポップ・サウンドを組み合わせ、そこにスピードと全てのエネルギー混ぜ合わせる。彼らは元来の古くメロディックなパンクというジャンルを取り入れ、それらを噛み砕き、壊れてはいるが活性化したものとして吐き出しているのだ。『The Mutt’s Nuts』は2020年にリリースされた『Speed Kills』に続くアルバムとなる。『Speed Kills』はPitchforkのレヴューで8.0を獲得し、The GuardianやNMEからも好評を博した。
●Chubby and the Ganは2019年に英ウェイスト・ロンドンで結成された。メンバーはCharlie "Chubby Charles" Manning-Walker(Vo)、Ethan Stahl(G)、Tom "Razor" Hardwick(G)、Joe McMahon(Dr)、Maegan Brooks Mills(B)の5人。Charlieは電気技師としてフルタイムで働きながらウェスト・ロンドンに住み、バンドの大半も貿易や職人の仕事をしている。結果、彼らの歌詞は意図的ではなく本質的に政治的だ。愛と喪失というクラシックなロックンロールのテーマに加え、イギリスの構造に組み込まれ、特に首都ロンドンで拡大する労働者の権利、不平等、警察の残虐行為、政府の失政、富裕化現象等に根ざしたものとなっている。このように、曲のインスピレーションは複雑ではあるが、サウンドは単純明快でアクセスしやすい。Hank WilliamsからThe Bobby Fuller Four、Skeeter Davis、Lightnin’ Hopkins、そして、ブルックリンを拠点とする50年代のガール・グループ、イギリスのブルー・アイド・ソウル、そしてマージービートまで、様々な50年代のポップ・サウンドを組み合わせ、そこにスピードと全てのエネルギー混ぜ合わせる。彼らは、古くメロディックな元来のパンクというジャンルを取り入れ、それらを噛み砕き、壊れてはいるが活性化したものとして吐き出しているのだ。2020年にはデビュー・アルバム『Speed Kills』をリリース。アルバムはPitchforkのレヴューで8.0を獲得。The Guardianは「UKパンクで最も重要な新しいバンド」、NMEは「シーンの明確なフロントランナー」とバンドを評した。
 
- HOME - ORDER/INFO - CONTACT US - LINK - NEW RELEASE/NEW ARRIVAL - NEW RELEASE - USED - SALE - SHOPPING CART -
Copyright (C) 2008 Record Shop BASE, All rights reserved.
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-23-5 ACPビル3F
TEL:03-3318-6145 / FAX:03-3318-6150 / E-MAIL:base@recordshopbase.com
(このサイトの内容物の無断転載を禁じます)