東京のレコードショップ BASE のオンライン・ショップ:レコードショップベース QRコード

東京のレコードショップ BASE のオンライン・ショップ:レコードショップベース

SHOPPING CART HOME ORDER/INFO CONTAT US LINK
NEW RELEASE / NEW ARRIVAL NEW RELEASE USED SALE
 (1/23ページ) 次へ >>
【 ジャケ/盤の状態表示について 】
3/3/S-T (限定生産盤) 3/3 / S-T (限定生産盤)
P-VINE (JPN) Japanese Punk LP \4104 (2019/08/21)
再入荷!! レーベル在庫も残り少なくなっているようですのでお早めに!!
完全限定生産! 帯、インサート付き!!
日本の音楽史に燦然とその名を刻むフリクションの“プレ・パンク期”、3/3(3ぶんの3)。その2007年に奇跡のCD化となった幻のアルバムをLP再発!オリジナルは1975年に手作りでたった10枚しか制作されず、海外ではアナログLP起こしの粗悪な海賊盤が出回り、2016年には某オークション・サイトにて120万円超で落札された、日本のロックLPの中でもピカイチのレア盤である。CD化された際には日本の70年代ロック史に激震が走ったアルバムがアナログでよみがえる! レック、チコ・ヒゲ、ヒゴヒロシの3人を中心とする、タイトで強靭なバック・ビートに支えられたロックンロール・グルーヴはまさに圧巻の一言!
ABYSSBEACH/DEADMAN'S EYE ABYSSBEACH / DEADMAN'S EYE
BRUTAL CLUB (JPN) Japanese Hardcore CD \1944(お取り寄せ可能 SOLD OUT) (2019/08/21)
"NEW DAWN"、"INNER UNIT"、"CALUSARI"など、名古屋では知らぬ者はいないパンク、スキンズ、ハードコア界の雄。そのメンバー等によって結成されたメタルコアバンド"ABYSSBEACH"待望の1stアルバム! ゲストボーカルにNORIO(EACH OF THE DAYS)を迎えて完成した本作は、形に囚われない変幻自在のメタルコアサウンドが炸裂する!

名古屋発のメタルコアバンド”ABYSSBEACH”。
Dr.TAKUMA(THE MONSTERS / 九狼吽(サポート) / ex-NEW DAWN / ex-AGGRO KNUCKLE)を中心に、Vo.CHIMERA(ex-INNER UNIT)、Gt.ATSUSHI(ex-CALUSARI / ex-INNER UNIT)、Gt.YU-TA(THE LONG HORN TRAIN)、Ba.SHOJI(ex-INNER UNIT)の5人により2015年に結成。
翌2016年に自主制作でリリースした1st DEMO CD-Rは、地元のレコード店やライブ会場での手売りが中心でありながらも、初回プレス500枚を即ソールドアウト。
アンコールに応えて制作した追加プレス500枚も、破竹の勢いでソールドアウトし、その期待値の高さを窺わせた。
結成当初はNYスタイルのメタリックなハードコアをベースにしたサウンドだったが、2018年のGt.ATSUSHIの脱退を機に、スラッシュメタルやメロディックデスメタルなどを柔軟に吸収し、根底にメタルコアを残しつつも、形に囚われない独自の”ABYSSBEACH”サウンドへと昇華させていった。
その活動は日を追うごとに勢いを増しており、本作ではレコーディングエンジニアを務めたu-ki(X IMAIKE / THE LONG HORN TRAIN / KRIEG)をライブサポートメンバーとして迎え、2019年より自主企画”BRUTAL CLUB"をスタート。
2月に開催されたVol.1ではVANISHINGとLAST BOSS、続くVol.2ではMURDER WITHIN SIN、SHIELD、REVENANTといった、錚々たる盟友達が出演。
(※本作のリリース後ではあるが、Vol.3にはKIM、BEYOND HATE、JYROが出演決定!)
そんな中、ゲストボーカルにNORIO(EACH OF THE DAYS)を迎え、一切の妥協を許さずレコーディングされ完成した、待望の1stアルバム”Deadman’s Eye”を遂にリリースする!
ライブでの爆発力を予感させる高速スラッシュナンバー”HAKUCHI”から、本作中で最もメロディックな意欲作”DEADMAN’S EYE”への流れは、まさに変幻自在、メタルコアの枠に囚われない”ABYSSBEACH”の真骨頂、唯一無二のサウンド。
すでにライブでは定番になっている正統派メタルコア”THE END OF WORLD”、一転して無機質なインダストリアルナンバー”JUDGEMENT”など、個性豊かな楽曲で彩られた全8曲。
錚々たる肩書きや、ジャンルという先入観を、すべて打ち砕き無に還す、まさに渾身の1枚がここに完成した!
(インフォメーションより)


FLEX // JUALALAI /SPLIT "SARCASTIC DAMN CREATURES" FLEX // JUALALAI / SPLIT "SARCASTIC DAMN CREATURES"
MANTLE (JPN) Japanese Hardcore CD \2000(お取り寄せ可能 SOLD OUT) (2019/08/21)
地元仙台でプレイヤーを中心に多くの支持を集める2バンド、"FLEX"と"JUALALAI"による硬派なsplit CD!! MANTLE RECORDSよりリリース!! 全8曲収録!!

両バンド共に雑食かつ音楽狂の手練れ揃いが故に、一口に説明し難いサウンドだが、良い意味でオルタナティブな音像は多くのリスナーを惹きつけるに違いない。
FLEXはDCハードコアをルーツに独自の進化を遂げた、熱さとクールさが同居する尖鋭なトリオ。まるでDISCHORDのバンドがデザートロックで爆走しているようなダイナミズムにヤラれる。
対するjualalaiはマントルミュージックを標榜し、ツインベースのギターレスという変則的な編成ながら厚みのあるヘヴィグルーヴで地球の最深部から揺らしにかかる。大雑把な物言いになるが所謂” 洋楽ロックファン” には聴いて貰いたい。
恐らく言いたかった事が伝わるであろうから。
彼等を前身バンドの頃から知っているが常に己を鼓舞させる為の追求を止めなかったアイツらは誇り高きこの街のソルジャーでありサバイバーなんだ。勝鬨を上げろ!祝杯を上げろ!愛憎渦巻くこのクソ社会でパーティーを開き続けろ!.. と深夜まで晩酌しながら盛り上がり、嗚呼。。今日もまた寝不足だ。
YONE a.k.a.夜根さん(spike shoes)

国内外問わず仙台にライヴしに来たバンドは、彼等、若しくは両方と対バンすると賞賛と感嘆の声を上げる。
誇張無し、ほぼ100%と言ってもいい。
ひたすらに音楽だけ真摯に向き合うFLEXは、もはや完全にオリジナルのサウンドを手に入れた。
"仙台のharD.Core"は最早彼等にとっては昔着ていた小さいサイズのTシャツと同じだ。
冷たく切り裂くギター、情感溢れるツインVo、リズム探求に余念が無い重く響くドラム。
その全ての接着面に " グルーヴ" と言う糊を張り付けるベースはflexの真骨頂であり、 メンバーが言う通り過去の録音物を超えて最高の出来になっている。
サウンドプロダクションも完璧にフィットした素晴らしい楽曲。このクオリティーでのアルバムが、俺が死ぬまでに完成される事を切に願う。
そして仙台が誇るディスコーダント・キング、jualalai。
このバンドの為に"unsung hero(あまり知られていない英雄)"と言う言葉が有ると言っても過言では無い。
そう、彼らは正に仙台のバンドマン達にとってのヒーローであり、地下での自分磨きの末産まれたモンスターである。
観客は好きにダンスし、絶叫し、酒が宙に舞い、フロアでブレーンバスターの掛け合いが起きる。
" マントル・ミュージック " と自らを名乗るだけ有り、ダブル・ベースの独特なフレーズの絡みに、 此方は完全にグルーヴ中毒の超絶パワフルドラムが完全にマッチ。地下深くのマグマをサウンドで掻き混ぜ、噴火口近くでのvo.tomoaki 氏 の示唆に富む叫びにて一気に噴出/噴火するのだ。
最早俺に残された行為は、彼等のグルーヴの奴隷になる事しか無いだろう。
はっきり言うが、この銀盤はsplitとかの類いではなく、ジャケットから音まで合体した一つの作品だと思った方がいい。
其れ位トータルコンセプトが幾重にも積み重なり、冒頭とラストの仕掛けもニヤリとさせられる。
この銀盤をデッキに入れて、まず最初にやるべき事。それは全曲リピートのボタンを押す事だろう。
そして願わくば爆音で再生。
そこには終わらない快楽が待っている。
必聴と言わざるを得ない。
アダチ a.k.a ADC塾長(farandell.EXORGRINDST)

GAUZE/ガーゼ/EQUALIZING DISTORT (CLORED VINYL) GAUZE/ガーゼ / EQUALIZING DISTORT (CLORED VINYL)
XXX (JPN) Japanese Hardcore LP \2700(お取り寄せ可能 SOLD OUT) (2019/08/21)
発売中!!
ガーゼのアルバム5タイトルがXXX RECORDSより待望のアナログ盤LP再発!! カラー盤仕様!!
'86年2ndアルバム『EQUALIZING DISTORT』!!

収録曲
M-1.PRESSING ON
M-2.CRASH THE POSE
M-3.THRASH THRASH THRASH
M-4.勝手にさらせ
M-5.FACT AND CRIMINAL
M-6.パッパッパ
M-7.LOW CHARGE
M-8.ABSINTH TRIP
M-9.DISTORT JAPAN
M-10.言いなり〜CHILDREN FUCK OFF
GAUZE/ガーゼ/EQUALIZING DISTORT GAUZE/ガーゼ / EQUALIZING DISTORT
XXX (JPN) Japanese Hardcore CD \1944 (2019/08/21)
発売中!
2ND ALBUM! もちろん名盤!!!
GAUZE/ガーゼ/FUCK HEADS (CLORED VINYL) GAUZE/ガーゼ / FUCK HEADS (CLORED VINYL)
XXX (JPN) Japanese Hardcore LP \2700 (2019/08/21)
発売中!!
ガーゼのアルバム5タイトルがXXX RECORDSより待望のアナログ盤LP再発!! カラー盤仕様!!
'85年1stアルバム『FUCK HEADS』!!

収録曲
M-1.POWER
M-2.FUCK HEAD
M-3.SHOT
M-4.CORETIC
M-5.ONE LAST KISS
M-6.LOVE SONG
M-7.GHOSTLIKE CRIME
M-8.ノイローゼ
M-9.酔狂
M-10.GO
GAUZE/ガーゼ/FUCK HEADS GAUZE/ガーゼ / FUCK HEADS
XXX (JPN) Japanese Hardcore CD \1944 (2019/08/21)
発売中!
1ST ALBUM!
GAUZE/ガーゼ/限界は何処だ (CLORED VINYL) GAUZE/ガーゼ / 限界は何処だ (CLORED VINYL)
XXX (JPN) Japanese Hardcore LP \2700 (2019/08/21)
発売中!!
ガーゼのアルバム5タイトルがXXX RECORDSより待望のアナログ盤LP再発!! カラー盤仕様!!
'91年3rdアルバム『限界は何処だ』!!

収録曲
M-1.山深雪未溶
M-2.己
M-3.聾桟敷
M-4.一触即発
M-5.小細工無用
M-6.ふんだくる だけなら誰にでも出来る 汚い 臭い 手前らクソ爺に 四の五の言われ 銭を取られるのは真っ平御免だ
M-7.人非人
M-8.ゴム紐どうだ
M-9逃れの街
M-10.死人に口無し
M-11.出したくないが、出ちまった(11-17 LIVE IN SCOTLAND 1989 AUGUST)
M-12.PRESSING ON(11-17 LIVE IN SCOTLAND 1989 AUGUST)
M-13.ふんだくる だけなら誰にでも出来る 汚い 臭い 手前らクソ爺に 四の五の言われ 銭を取られるのは真っ平御免だ(11-17 LIVE IN SCOTLAND 1989 AUGUST)
M-14.死人に口無し(11-17 LIVE IN SCOTLAND 1989 AUGUST)
M-15.CRASH THE POSE(11-17 LIVE IN SCOTLAND 1989 AUGUST)
M-16.言いなり(11-17 LIVE IN SCOTLAND 1989 AUGUST)
M-17.一触即発(11-17 LIVE IN SCOTLAND 1989 AUGUST)
GAUZE/ガーゼ/限界は何処だ GAUZE/ガーゼ / 限界は何処だ
XXX (JPN) Japanese Hardcore CD \1944 (2019/08/21)
発売中!
3RD ALBUM 10曲のスタジオトラックとスコットランドでのライブを収録. ステッカー付!!
GAUZE/ガーゼ/貧乏ゆすりのリズムに乗って (CLORED VINYL) GAUZE/ガーゼ / 貧乏ゆすりのリズムに乗って (CLORED VINYL)
XXX (JPN) Japanese Hardcore LP \2700 (2019/08/21)
発売中!!
ガーゼのアルバム5タイトルがXXX RECORDSより待望のアナログ盤LP再発!! カラー盤仕様!!
'07年5thアルバム『貧乏ゆすりのリズムに乗って』!! 日本盤のアナログ盤は初リリース!!

収録曲
M-1.39℃
M-2.出稼ぎ船
M-3.すっぱい匂い
M-4.しょんべん横丁
M-5.大きなサツマイモ
M-6.開かずの踏切
M-7.メシ喰え
M-8.愛しき不器用者
M-9.みっともない
M-10.貧乏ゆすりのリズムに乗って
GAUZE/ガーゼ/貧乏ゆすりのリズムに乗って GAUZE/ガーゼ / 貧乏ゆすりのリズムに乗って
XXX (JPN) Japanese Hardcore CD \2484 (2019/08/21)
発売中!
世界中のHARDCORE/PUNKファンが待ち望んでいたガーゼ/GAUZEの'07年作5TH ALBUMが遂にリリース!!!全10曲!!前作『面を洗って出直して来い』から10年、結成から26年目となる本作!!JAPANESE HARDCOREシーンを代表する日本刀のようなHARDCOREサウンドは、日本が誇る"生きる伝説"!!!全く妥協を許さない全力・真剣勝負のLIVEとHARDCORE創成期のバンドにして今なお「加速」し続けるというまさにHARDCOREの金字塔的存在"GAUZE"!!今作には既にLIVEではプレイされている曲が多く、未だその音源が無いにもかかわらず、LIVEではコーラスの合唱・拳が突きあがっている名曲の数々!!歌詞記載のインナー入り!!
全ハードコアファン大必聴盤!!!
GAUZE/ガーゼ/面を洗って出直してこい (CLORED VINYL) GAUZE/ガーゼ / 面を洗って出直してこい (CLORED VINYL)
XXX (JPN) Japanese Hardcore LP \2700 (2019/08/21)
発売中!!
ガーゼのアルバム5タイトルがXXX RECORDSより待望のアナログ盤LP再発!! カラー盤仕様!!
'97年4thアルバム『面を洗って出直してこい』!!

収録曲
M-1.栄枯盛衰
M-2.面を洗って出直して来い
M-3.ワッショイ
M-4.歯を喰い縛れ
M-5.口を閉ざした臆病者
M-6.金返せ
M-7.一言物申す
M-8.エッサホイサッサ
M-9.負け惜しみ
M-10.最後のお願い
GOD AND ELECTRIC SHEEPS/SPACE COWBOY GOD AND ELECTRIC SHEEPS / SPACE COWBOY
NOYMANN (JPN) Japanese Hardcore CD \1620 (2019/08/21)
2016年結成、HARD ROCKIN' HARDCORE/PUNKバンド "GOD AND ELECTRIC SHEEPS"の1st ALBUM!! 60s/70s HARDROCK、80s HARDCORE PUNK、DOOM/STONERなど様々なジャンル、バンドから影響を受け作り上げられたキャッチーかつ、凝った展開の楽曲をエナジー全開の演奏で最後まで一気に聞かせる強力盤!! 全8曲40分収録!!

God and Electric SheepsはTaishi(ヴォーカル)、Shinpei(ギター)、Yutaka(ベース)、Kiyotaka(ドラム)の4人で2016年に結成。彼らの1stアルバム『SPACE COWBOY』には、彼らが愛する日本のハードコアや70年代のハード・ロックやドゥーム・メタルなどからの様々な影響が絶妙に混ぜ合わされたユニークなサウンドが詰まっている。音楽性の根本はおおむねハード・ロックだと思われるが、整合感よりも勢い重視で隙間を活かした演奏はパンキッシュで、Taishiの放り投げるようなヴォーカルも明らかにパンク/ハードコア的。パンクなヴォーカルとラフに疾走するハード・ロックの融合は結果としてNWOBHMっぽくもあり、一方でドゥーミーなリフから一転してハードコアに突っ走る「fuck doom」のような曲があるかと思えば、アルバム・タイトル曲はBLACK SABBATHっぽい長尺曲だったり。更にMC5「Kick Out The Jams」日本語カヴァー(!)も。どうも本人たちは自分たちの音楽に対して“ハード・ロック影響下のハードコア”という認識らしいのだが、それだけだったらそもそも『SPACE COWBOY』なんてタイトルは出てこないだろう。ともあれ昨今のメタルパンクともまた一味違う個性的なサウンドの1枚となっている。基本的にレコーディング・プロジェクトで、これまでに2回しかライヴをやっていないということだが、このアルバムを聴けばライヴも是非観たい…と思う人は多いのではなかろうか。
(大越よしはる)

PARANOiA/反逆 PARANOiA / 反逆
自主 (JPN) Japanese Hardcore CD \500 (2019/08/21)
沖縄ハードコアパンク"PARANOiA"!! 3曲入り1st シングル自主リリース!! 沖縄という土地でハードコアパンクシーンが作られ、その中で現在も活動を行うバンド"PARANOiA"が遂に放つ1stシングル!! ハードコアパンクの疾走感を持ちながらも哀愁漂うメロディーも融合!! DrにラッパーのMAVELが在籍。シンプルかつストレート、愚直で熱い沖縄ハードコアパンク!! プレスCD、スリムケース仕様。特典ステッカー付き。限定数入荷!!
※恐れ入りますが通販は税抜き¥800−からのご対応とさせて頂きます。
馬鹿衆/SET ME FREE 馬鹿衆 / SET ME FREE
NOYMANN (JPN) Japanese Hardcore CD \972 (2019/08/21)
発売中!!
沖縄ハードコアパンク 馬鹿衆‼ 1st single CDを、満を持して遂にリリース!王道ピュアハードコアパンク全開でストレートに突っ走る!熱い日本語ボーカルにコーラスにも握り拳!! 泣きのフレーズを加えながらフックを効かせ、ドライブ感も抜群に重厚かつ激しく一気に駆け抜ける直球ジャパニーズ・ハードコア!! 灼熱の沖縄ハードコア・スピリット!! 激熱な全4曲収録!! ジャパニーズ・ハードコアファン激必聴!! 『耳ふさいで、目そらして、知らないふり?そんなのつまらないぜ!』

2009年、Vo.エイキとBa.タツヤを中心に結成。ギターとド ラムのメンバーチェンジがありつつも1st、2nd demo音源をリリースし、2014年には馬鹿衆企画で沖縄のバンドを集めた「SOUTH ISLAND PUNX PICNIC V.A」をリリース。そして今作が初の単独正式音源となる。結成当初は、初期衝動全開で荒々しく突き進むシンプルかつキャッチーなサウンドであったが、前述のV.Aには新メンバーの加入もあり、限界まで歪ませたギター&ツーバスを前面に打ち出した2曲を収録。今作から正統派ドラマーが加入 し、他メンバーもそれに呼応するように今まで以上に気合い十分でかつタイトにプレイしている!前作V.Aの収録曲では若干のスラッシュメタル的要素もあったが、今作では一転し、バンド本来の生々しいハードコアパンクサウンド全開でぶちかます!ストレートに突き 進みミドルテンポに持ち込む曲あり、日本のハードコアパンクらしく泣きのギターのイントロから始まる曲あり、静かな イントロ から一気にバンド全体で爆裂する曲ありで、4曲ながらも聴きごたえのある仕上 がりになっている!アグレッシブに手数多く叩きまく るキレキレのドラム、図太いサウンドで堅実にバンド全体をリードするベース、鋭いリフで切り込みつつ時折メロディアスに展開 するギター、日本語詞主体で唸り、吠えるヴォーカル、4人が一体となってぶちかます沖縄ハードコアパンク!快作、ここに誕生!新たに立ち上げたレーベルNOYMANN RECORDSより自主リリース!! MIXING &MASTERING by Mr.OKAZAKI(studio ZEN/ETERNAL ELYSIUM)
FRONT ARTWORK by NARA-CHAN(LAST)(インフォメーションより)

FRAMTID/CONSUMING SHIT AND MIND POLLUTION (THE EARLY DEMOS 1997-2001) FRAMTID / CONSUMING SHIT AND MIND POLLUTION (THE EARLY DEMOS 1997-2001)
CRUST WAR/540 (JPN/US) Japanese Hardcore LP \1944 (2019/08/20)
発売中!!
11年振りに新作アルバムをリリースしたばかりのFRAMTID!! 名盤"UNDER THE ASHES"もLA VIDA ES UN MUSからアナログ盤が再発され、立て続けのリリースとなる初期デモ音源集LPが登場!!! CRUST WARと、'13年はFRAMTIDも参戦した名物イベント"CHAOS IN TEJAS"首謀者TIMMY氏のレーベル540 RECORDSと共同リリース!! 名盤"UNDER THE ASHES"レコーディング前、入手困難な4本のデモテープ音源をまとめて収録!! 見開きゲートフォールド・スリーブで、ブックレットには多数の貴重な写真、デモテープのジャケットやインナーもしっかり掲載し、CRUST WAR ZINE #8に掲載されていたインタビューやライブフライヤーも!!! 内容ももちろん荒々しい初期FRAMTIDの音源が堪能できます!! デモ音源からしてこのクオリティーと凄まじい破壊力!! 素晴らしい1枚!! アルバムと共に、全ハードコアファンマストです!!

〜レーベルインフォメーション〜
既に15年以上、日本のハードコア/クラストシーンをD‐BEATで爆走し続けてきたFRAMTIDだが、毎年テキサスで行われている大規模なパンクイベント「Chaos In Tejas」に2013年5月に出演。この大成功に終わった初のU.S.ツアーにあわせて発売されるのが"CONSUMING SHIT AND MIND POLLUTION(THE EARLY DEMOS 1997-2001)"と題された初期FRAMTIDの音源集だ。本来この編集盤LPは既に発売されているFRAMTID New LP "DEFEAT OF CIVILIZATION"の発売前にFRAMTIDの歴史を振り返るべく発売される予定だったが、New LPの制作が余りにスムーズに進行したため順番が後先になってしまったのだ。さてこのLPの内容だが、FRAMTIDの名を世界に知らしめた代表作ファースト12"EP "UNDER THE ASHES"をレコーディングするまでのFRAMTIDの現在入手困難な4本のデモテープ "REH"(1997) 、"COUNTERATTACK"(1998)、"C.D.C"(1999)、 そしてこのLPのタイトルになっている"CONSUMING SHIT AND MIND POLLUTION"(2001)から構成されている。更に嬉しいことにジャケットはゲートホールド仕様、そして全16ページのCRUST WAR ZINE風のブックレットまでが付いているというファンもレーベルもお涙頂戴の超豪華大作! 全てのPUNKSがこれを買わないともう後がないぜ!!! 27曲入り。
FRAMTID/CONSUMING SHIT AND MIND POLLUTION -THE EARLY DEMOS 1997-2001 FRAMTID / CONSUMING SHIT AND MIND POLLUTION -THE EARLY DEMOS 1997-2001
CRIMINAL ATTACK (BRAZIL) Japanese Hardcore CD \1620 (2019/08/20)
アナログでリリースされていたDEMOアルバムがブラジルのCRIMINAL ATTACK RECORDSからCD化!
初期デモ音源集!!!名盤"UNDER THE ASHES"レコーディング前、入手困難な4本のデモテープ音源をまとめて収録!! LP同様ブックレットには多数の貴重な写真、デモテープのジャケットやインナー、ライブフライヤーを掲載!!! 内容ももちろん荒々しい初期FRAMTIDの音源が堪能できます!! デモ音源からしてこのクオリティーと凄まじい破壊力の全27曲!! 素晴らしい1枚!! アルバムと共に、全ハードコアファンマストです!!
FRAMTID/DEFEAT OF CIVILIZATION FRAMTID / DEFEAT OF CIVILIZATION
CRUST WAR/LA VIDA ES UN MUS/BLACK WATER (JPN/UK/US) Japanese Hardcore LP \1728 (2019/08/20)
発売中!!
大阪、そして日本を代表するCRUST HARD COREバンド"FRAMTID"!!!!実に11年振りとなるアルバムが遂にリリース!!!!'13年CHAOS IN TEJASへの出演も果たす彼等、世界は待っていた超待望のアルバム!!日本のCRUST WAR、UKのLA VIDA ES UN MUS、USのBLACK WATERによる3レーベル共同リリース!!発売を今か今かと待ちわびていた方も多いハズ!!そしてその期待に120%爆撃CRUSTサウンドで応える、圧倒的濃度に痺れる!!!!ノイジーなギター、強靭にビルドアップされたアグレッシヴ極まりない演奏、そして現代社会への鋭く冷静な視線を持った歌詞を激咆哮に乗せるヴォーカル、それらが渾然一体となった爆裂CRUST HARDCOREの破壊力といったら!!最強です!!!!CRUSTファンのみならず、HARDCOREファン必聴の大スイセン盤!!全10曲収録!以下はOVERTHROW RECORDS 森下氏による激文!!


最早、既製のロジックになど当て填めようもなく、如何なる枠組みも一撃にて粉砕する全世界待望のFRAMTID New LP『DEFEAT OF CIVILIZATION』が2002年リリースの前作『UNDER THE ASHES』以来、実に11年の歳月を経て遂に放たれる。思えばこの11年という年月を自らの企画『HARDCORE VICTIM』を軸とした国内での精力的な活動は元より、ヨーロッパツアーに於ける数多の鉄火場をも潜り抜け到達したのが今日の愚直なまでにブレる事なき姿であるのは言うに及ばず、2013年のこの世に跋扈するあらゆる矛盾、欺瞞そして不条理を燻り出し我々の目前に晒し叩きつける事こそがこの檄なる音源に刷り込まれた彼等の本懐であると俺は信じて疑わない。
 そしてもうこれ以上の多くを語るまい。全世界総てのパンクス、そしてクラスティーズ共よ!! この鉄条網の彼方より急襲するFRAMTID渾身の爆撃を聴かずして消え給う事勿れ!! 俺は確信する。この先、彼等の拓く地平の先を疾走(かけ)る影…その影こそもまたFRAMTID以外の何者でもない事を…。 森下 篤【OVERTHROW RECORDS】
FRAMTID/THE HORRIFIC VISIONS (UK盤) FRAMTID / THE HORRIFIC VISIONS (UK盤)
LA VIDA ES UN MUS (UK) Japanese Hardcore 7" \1188 (2019/08/20)
発売中!!
UK/LA VIDA ES UN MUSからのヨーロッパ・バージョン!!
大阪CRUST HARD CORE "FRAMTID"!! '16年4曲入りニューシングル!! 先にUS盤がBRAIN SOLVENT PROPAGANDAよりリリースされましたが、ヨーロッパ盤はUK/LA VIDA ES UN MUSよりリリース!!
ベースにTOYO氏、ドラムにALADDIN氏が加入した4人編成による初音源!! アルバム『DEFEAT OF CIVILIZATION』から早3年振りとなる新音源!! JACKY氏の鋭くノイジーなギター、MAKINO氏の力強い咆哮とメッセージ、破壊的なドラミングとグイグイうねるベース、凄まじすぎる轟音が一体となって襲い掛かる!! 危機感と緊張感に満ち溢れたミドルテンポのナンバーもグレイト!! 問答無用にクラスト〜ハードコアファンは激必聴です!!
経血 // EYESCREAM // NO NO NO/SPLIT "Croon A Lullaby" 経血 // EYESCREAM // NO NO NO / SPLIT "Croon A Lullaby"
BREAK THE RECORDS (JPN) Japanese Hardcore CD \1620 (2019/08/20)
最終入荷! レーベル在庫完売の為今回が最終入荷となります!
現在注目を集める3バンド、"経血"、"EYESCREAM"、"NO NO NO"の3バンドによる強力3 WAY SPLIT CDがBREAK THE RECORDSよりリリース!!

経血、EYESCREAM、NO NO NOと、それぞれリリース作品が即時完売となってしまうなど、世界から大注目されている3バンドによる夢のスプリット作品が完成。
日本の80年代のパンク、ハードコアに強いバックボーンを感じされる"経血"ですが、今作でも同様、ドロドロしたような感触の楽曲2曲を収録。冒頭からアクの強いSEで入り、しっかり聴かせるミドル・チューン、そして緩急あるスピード・チューンへとなだれ込む。もはやこの手の音で"経血"を越えるバンドは現存しないのではないだろうか。巧みに操る日本語の妙にも脱帽だ。
これまでデモテープのみのリリースながら、既に海外レーベルからリリース熱望のオファーもあるという仙台の"EYESCREAM"。話題沸騰のデモテープからサウンドクオリティーも相当上がっている。80年代のハードコアの肝を押さえたような、心地良いスピード感で展開されていくハードコアサウンドはもはや爽快感すら感じる事が出来る。歯に衣着せぬボーカルスタイルにも要注目。
3バンドの中で最もぶっ飛んだスタイルの“NO NO NO”は、前述の2バンドと同様のバックボーンも持ちながらも、90年代以降の加速していくハードコア・サウンドの影響が色濃く出ている。トップ・スピードの演奏と早口に捲し立てるハイトーン・ボーカルは鳥肌物だ。速い楽曲ながらフックする部分も綿密に作られており、ハードコアの現代解釈としての面白味を多分に含んでいる。(インフォメーションより)
 (1/23ページ) 次へ >>
- HOME - ORDER/INFO - CONTACT US - LINK - NEW RELEASE/NEW ARRIVAL - NEW RELEASE - USED - SALE - SHOPPING CART -
Copyright (C) 2008 Record Shop BASE, All rights reserved.
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-23-5 ACPビル3F
TEL:03-3318-6145 / FAX:03-3318-6150 / E-MAIL:base@recordshopbase.com
(このサイトの内容物の無断転載を禁じます)